読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうすぐセンター試験ということで…

皆さんこんにちは。アンドリュー・Kです。

今度の週末はセンター試験だそうですね。

恐らく自分が受験する事はもう無いと思いますが、なんだか懐かしくなってきたので自分が受験した時の思い出でも書いていこうかなと思います。

もうウン年前の話ですけどね。

 

●雪のセンター試験

センター試験当日は雪でした。

ただでさえクソ寒いというのに、受験会場は山奥にそびえ立つ大学。行くだけでもう大変ですよ。

そういえば、僕が何かの科目を受けている間に凍っている池で同級生たちが遊んでいたらしく、氷が割れてビショ濡れになったというエピソードを聞きましたね。試験場から控室に戻ってきたら、ストーブの前を占領していました。そんな自由な時代もあったんですよ(ウン年前の話です)。

 

●地学をぶっつけ受験

2日間共に行動していた友人氏が、最後になって「俺は最後まで受けるんだ」とか言い出しまして、放って帰る訳にもいかないので、地学をぶっつけで受けましたね。僕も友人氏も文系なので全く必要無かったんですけど。部屋に入っていく時に、高校の先生が試験監督でいて、ニヤニヤしてた記憶がありますね。

結局ぶっつけだったので、せいぜい60点取るのがやっと、というかぶっつけで受けて60点取れちゃったよという驚きの方が大きかったですね。結局生物の方が点数は高くて(そりゃそうだ)、使えなかったですが、まあ良い思い出になりましたね。友人氏の点数は聞いてません。

 

●2次試験で奇跡が

ついでに、2次試験の思い出も一つ。国語の問題で、確か漢文だったと思いますが、授業で使ってた問題集と全く同じ文章が出てきた時はビックリしましたね。おかげで漢文だけはパーフェクトだったはず。

他はボロボロだったと思いますが、おそらく漢文のおかげで、受験した大学に合格することが出来ました。センターが終わってから力が抜けて2次試験の勉強なんてロクにしてなかったのに、まあ奇跡としか言いようがありませんね。結果良ければ全て良しみたいな感じです。

 

 

ちなみに、今やり直せるなら、もう一回高校入学時からやり直したいですね。もっと勉強して、本当に行きたい大学に行けるようにすべきだったと思いますね。僕が進学した大学で、本当にやりたいことが出来たかと言われたらビミョーだったと思うので。

きっとこれからの人生で後悔するんだろうなあ、とか思いながら日々生活していましたが、案の定今後悔していますからね。

まあ、今更言ってもしょうがないんですけどね。

 

受験生の皆さんには、あとあと後悔することの無いように頑張ってもらえたら良いなと思います。